HOME > 社会貢献活動

社会貢献活動

企業活動

インターテクノでは、大会趣旨に共感し積極的にその活動を応援するため、
学生フォーミュラ日本大会に協賛しております。

フォーミュラ13

私たちは、この大会にスポンサーとして協賛することで、将来のエンジニアを応援し、優しさを優先して行動します。
日本の技術発展に貢献していきます。

2019年度・第17回大会の様子はこちらをご覧ください。

環境への取り組み

インターテクノはエコアクション21活動に賛同し、省エネルギー・省資源・廃棄物削減等に全社員で取り組むことで、環境面でも社会に貢献していきたいと考えています。

エコアクション21とは

エコアクション21は環境省が策定した事業者向けのガイドラインに基づいた環境マネジメントシステムで、一般財団法人持続性推進機構が運営する認証・登録制度です。
http://www.ea21.jp/

環境方針

基本理念

株式会社インターテクノは、環境問題への取り組みを社会的責務と認識し、全社員一人ひとりが環境への優しさを優先して行動します。

行動指針

当社は技術開発分野を中心とした「総合人材サービス会社」として数多くのユーザーのニーズを把握し、最適なソリューションを提案し、信頼と実績を築き上げて参りました。

そして今後は、この事業活動における環境への影響を理解し、環境経営を優先課題と位置付けすべての社員と協力し環境経営マネジメントシステム(エコアクション21)を構築、運用し、継続的改善に努め、以下の事項について積極的に取り組み社会に貢献いたします。

  • 環境関連法規制、条例その他の規則を遵守します。
  • 環境目標を定め、定期的に見直し、継続的改善に努めます。
  • 当社は、次の環境活動を計画的に全社員で取り組み実施します。
  • 1)事務所での電力使用量、および社有車の燃料使用量を減らし、二酸化炭素の排出量を削減します。
    2)3R(Reduce=廃棄物の発生抑制、Reuse=再利用、Recycle=再資源化)及びコピー用紙購入及びカウンター使用量を削減します。

  • 活動の質を向上させるための環境教育を随時社員に行います。
  • この環境経営方針を全社員に周知徹底いたします。

株式会社インターテクノ
代表取締役 清水 浩二

2021年5月18日 改定
2010年3月 8日 制定

インターテクノについて

ジョブルック